イッセー尾形の字の部分 演出家森田雄三 語録ブログ
森田雄三語録ブログ
雄三さんの懐かしい音声動画をアップしました。

雄三さんが2008年に収録したラジオ「ラジオエッセイ」。人生の半分以上の時間を費やし作り続けたイッセー尾形の一人芝居とは何か、全国3000人のショッパーズと毎回ガチンコ勝負だった森田雄三ワークショップって何か・・・ワークショップに参加して泣いたり笑ったり腹立ったり、心がちゃぐちゃわさわさしながら確かに何か拾ったけれどこれは一体何?と怒涛の芝居作りの4日間を「あー、なるほど」とひも解いてくれる言葉の数々。

2分間のラジオを25本つなげた音声の前に、雄三さんの連れ合い清子さんの前説があります。ぜひ動画を開いてみて下さい。

せめてしゅういちラジオ班より。

| - | 07:13 | comments(0) | - |
森田雄三&清子のオモシロ介護生活

雄三&清子のオモシロ介護生活その13アップしました。

せめてしゅういち

| - | 22:33 | comments(0) | - |
雄三は今

介護日記を収録しました。雄三は921日退院1周年記念日の翌日、急性肺炎で救急搬送されました。

あああと、何でこうなるのと、あれだけ肺炎に気をつけてと言われていたのにと、自分を責めずにはいられませんが、でも一年の深夜のおしめ替えや一時間半の食事介助を昼間3回をヘルパー頼まずやってきたこの身にとってはしばしのささやかな休憩と考えて、

気を取り直すことにしました。

窒息死寸前をまさに九死に一生を得た本人はもう3日もすると、帰ろ帰ろ早く帰してと付き添ってる間ずっと言います。

そうね早く帰りましょうね、だから早く治しましょうねと念仏のように語りかけるしかありません。

なんだか良い作品が生まれそうです。森田清子拝

| - | 21:52 | comments(2) | - |
森田雄三&清子のオモシロ介護生活

森田雄三&清子のオモシロ介護生活その12をアップしました。

せめてしゅういち

| - | 08:45 | comments(0) | - |
森田雄三&清子のオモシロ介護生活

森田雄三&清子のオモシロ介護生活その11アップしました。

せめてしゅういち

| - | 09:17 | comments(0) | - |
森田雄三&清子のオモシロ介護生活

森田雄三&清子のオモシロ介護生活その10をアップしました。

せめてしゅういち

| - | 09:42 | comments(0) | - |
森田雄三&清子のオモシロ介護生活

森田雄三&清子のオモシロ介護生活アップしました。

せめてしゅういち

| - | 11:14 | comments(0) | - |
今日で退院一年目です

今日で退院1年目です。

1年前は、殆ど一日中眠っていてたまに目を開けても何処を見ているのか、焦点の定まらない雄三でした。

それが六日目には氷をガリガリ食べて、一ヶ月目にはフレンチトーストやハンバーグをもりもり食べて、ベッドからはずるずると降りて、驚きの回復を見せました。

まだ言葉はささやくように「行こう行こうどこかに」と言ったりするくらいですが、こちらの問いかけには、はいいいえで答えます。

 7年間学童で来ている忠良も中学生になり、以前とは違う雄三になにひとつ変わらず接してくれると雄三の表情が豊かになります、

乱暴者の忠良が近頃穏やかになり始めたのも2人の不思議な絆のおかげかもしれません。

「雄三さん俺のこと15才から面倒見てくれてありがとう」と33才になった青年が度々訪ねてくれると、彼の当時の姿に忠良が重なります。

楽ちん堂に集まる、様々な方々に励まされて今日の1年目を感慨深く迎えました。

 介護日記をこれからも聞いて下さいな。

雄三の連れ合いの清子拝

| - | 19:49 | comments(1) | - |
身体文学を読む

 

| - | 01:38 | comments(0) | - |
身体文学を読む

先日ご近所の方が自転車を止めて「介護日記聴いてます。しばらくご主人のお姿見えないなと思ったら、お家にはいらしたのね」とご自分のお母様も胃ろうだったとおっしゃって心に触れる立ち話をしました。

深夜、時として1人頬づえついてこの先どうなるのかな・・・と考えてしまうこともありますが、意外に近くに思ったより沢山の胃ろう介護をしている方がいるのを知って、かつて体験したことのない新しい感覚に包まれるのでした。

 居宅介護11ヶ月を迎えました。

突然訪ねてくださる雄三のワークショップ参加者の方々には、心からお礼申し上げます。

急に表情に雄三らしさが加わったり、言葉の種類が増えたり微かではありますが、私にはその変化がてをあわせ嬉しいです。

そんな訳で、最も雄三らしいリハビリは身体文学を朗読することだと気付きこのブログでもご紹介することにしました。

この方法論で小説が書けましたらぜひ、せめてしゅういち出版部から本を出しましょう。

少しでも書き始めた方はどんな書き始めでも、楽ちん堂にご持参下さい。

私清子が雄三に朗読して聞かせます。何人かの方がすでに書き始めているので、楽しいですよ。

清子の朗読、ではお聴きください。

「身体文学」

 

| - | 17:28 | comments(0) | - |
+ イッセー尾形オフィシャルブログ
+ 森田雄三プロフィール
1946年・・・石川県白山市に生まれる。 2006年・・・兵庫県高砂市の教師とワークショップで芝居を作る。 スイス国立演劇学校(HMT)の教授となる。           ワークショップに関する本が何冊も出版される。           ワークショップに参加した人達、通称:「森田雄三チルドレン」が、ソーシャルネットワーキングサイト「mixi」(ミクシィ)でも多数存在し、ワークショップでの出来事・森田が話した内容「雄三トーク集」なるコメントがされている。 イッセー尾形の演出家。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ LINKS
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ