イッセー尾形の字の部分 演出家森田雄三 語録ブログ
森田雄三語録ブログ
<< 「酒癖が悪い人」sound of雄三語録 | main | 「酒癖が悪い人」への反論sound of雄三語録 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
偶然の顔合わせ

三連休には京都から神戸から富山から稽古に来て下さる方で病室は満員でした。

京都から来た川元さんはこのところよく訪ねて下さいます。

作品になりそうな根っこが見えて来たのが、雄三も嬉しいのでしょう。

翌日神戸から来た村田さん久保さんのなりたて夫妻と、富山から車で7時間かけていらした結城夫妻に昨日の稽古でねと「風呂板のカビ、電気自動車の静けさ、卵焼きは意外に難しい、ありは何を目指して大群で動くんか」うろ覚えながらも話すと久保さんは、風呂板のカビ面白そうやなと開いた意気込みで病院にむかう。初顔合わせなのに狭い部屋に膝付き合わせ、「はい、何か言って」といきなり雄三に振られても動じないさすが結城さん。またどうせ怒られるだけやろ、と言いながらもスパッとセリフに入る。村田さんに新妻の久保さんが手話で通訳を始めると「村田くんは分かるから通訳はやめて」と雄三。これまた動じない結城さん結城さんの御主人のテラやん久保さん、もちろん村田さんもあたかもセリフが聞こえるように、絶妙なタイミングで答える。

次はい次と雄三がつま先で突っつくと四つの楽器が旋律を奏でるようだ。

ほんの1時間半ほどで、作品は出来てしまいました。

病室から外に声は漏れたでしょうに、誰も不思議には思わなかったみたいでした。

病院、初対面の2組の夫婦、ゆらゆら揺れる雄三、奇妙な空気がセリフを複雑に絡ませているのをそこにいるみんなが、はっきりと知りながらかってに言葉が口から飛び出ているようでした。楽ちん堂でセリフ起こししようと向かう道すがらにも「これ再現しようとしたら絶対出来ないんだよね」ああ、でも富山に行きたくなった。久保さんは手話なく言ったけど、やっぱり村田さんも頷いた気がしました。

明日は仕事と手を振り振り北へ西へと帰った後に、もう書き起こした原稿が新幹線から送られて来ました。読み上げると雄三は増やしてまだまだ増やしてと出ない声を振り絞って言いました。

翌日のお試し帰宅の、雄三清子の不安もきれいに消えていました。


| - | 13:44 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 13:44 | - | - |









+ イッセー尾形オフィシャルブログ
+ 森田雄三プロフィール
1946年・・・石川県白山市に生まれる。 2006年・・・兵庫県高砂市の教師とワークショップで芝居を作る。 スイス国立演劇学校(HMT)の教授となる。           ワークショップに関する本が何冊も出版される。           ワークショップに参加した人達、通称:「森田雄三チルドレン」が、ソーシャルネットワーキングサイト「mixi」(ミクシィ)でも多数存在し、ワークショップでの出来事・森田が話した内容「雄三トーク集」なるコメントがされている。 イッセー尾形の演出家。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ LINKS
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ