イッセー尾形の字の部分 演出家森田雄三 語録ブログ
森田雄三語録ブログ
<< 「無力感」についてsound of雄三語録 | main | 「結婚前に激しい恋愛がしたい」sound of雄三語録 >>
お誕生日に退院した雄三です

4月3日に約2ヶ月の救急医療センターから転院して、さらに4ヶ月通算6ヶ月間の病院の体験は、雄三にとって最も長い管理される体験でした。
無言ではあっても朝から解放に輝く表情の雄三でした。

救急センター2ヶ月間では、人工呼吸器でただひたすら寝ている雄三に、会える時間はほんの10分ほどなのに「あら奥さんが来ると、違いますね」とナースが言うそれだけで死なないでねと祈り頬撫で手を握りました。
あの時分かった?覚えてる?と何度も聞いたけれど、首傾げううんと、がっかりさせてくれました。でも今日自宅に帰り倒れたその時までいた部屋に入り、「お帰りなさい」と言ったら
はっきり「ただいま」と私を見つめました。
今日1歳になったと思って、私たち見るもの聞くこと楽しみましょうね、笑って暮らしましょうね。ウンワラッテクラスヨ。

20年前にお稽古に来ていたアキチが、ベルギーから2人の子供とベルギー人の旦那と雄三に会いに来てくれました。幼い子らは熟睡してる雄三の頬とちょん切れてる左の足にキスしてくれました。
今日同じ日の誕生日のつむぎくんとお姉ちゃんのヒナキが、あ寝てるねとそっと顏を覗いて忍び足する「ゆうぞうさん笑ってねてるよ」下の階の楽ちん堂からは、そう寝かしてあげようよ安心したんだね、聞こえる賑やかな人声もまた雄三清子には、何よりのお祝いです。

何気なく普通にしている、息を吸ったり食べたり走ったりすることがどんなに素晴らしいことか、午前中忙しく立ち働く楽ちん堂のスタッフを見ながら、うんうんと頷いた雄三は、一点の曇りなく生きている事を賛美していました。
| - | 09:28 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 09:28 | - | - |
雄三さま
退院おめでとうございます。
お誕生日おめでとうございます。
なかなかお邪魔できずにおりますが、
いつもどうしていらっしゃるかしらと
思っております。
またそのうち、お邪魔させてください。
どうぞよろしくお願いいたします。
貴央子
| kioko | 2017/07/30 11:36 PM |

雄三さんがこの時の話をいつか自分の口や手で伝える明日が待ち遠しい
| 灯台守 | 2017/08/01 4:18 PM |










+ イッセー尾形オフィシャルブログ
+ 森田雄三プロフィール
1946年・・・石川県白山市に生まれる。 2006年・・・兵庫県高砂市の教師とワークショップで芝居を作る。 スイス国立演劇学校(HMT)の教授となる。           ワークショップに関する本が何冊も出版される。           ワークショップに参加した人達、通称:「森田雄三チルドレン」が、ソーシャルネットワーキングサイト「mixi」(ミクシィ)でも多数存在し、ワークショップでの出来事・森田が話した内容「雄三トーク集」なるコメントがされている。 イッセー尾形の演出家。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ LINKS
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ